一生の思い出に!シーン別のフォトブックの作り方

フォトブックを作るために必要なもの

自分で手作りのフォトブックを作りたいと思っている方は、まず必要な道具をそろえましょう。と言ってもそれほど特別なものはいりません。必要なのはまずは写真、そしてパソコンかスマホ、それに写真編集用のソフトです。写真の編集をして完了したら、フォトブック作成サービスに注文をしてオリジナルのフォトブックを制作してもらいます。写真編集用のソフトですが、別途購入する必要はありません。写真編集のソフトはフォトブック作成サービスを提供している会社ごとに用意しているので、注文したい会社のソフトをダウンロードして編集するといいでしょう。テンプレートも用意されていますし、文字入力や自由にデザインもできるようになっています。

フォトブックを作るときにおさえておきたいポイント

フォトブックを作る流れはわかりましたが、次はフォトブックの内容をどうするかを考えましょう。旅行やパーティー、ペットの写真、家族の写真、子供の成長記録など、それぞれにどのようなものを作りたいかのイメージはあるでしょう。ここで注意したいのは、フォトブック一つにつきテーマは一つに絞るということです。いろいろな写真をまとめて雑多な感じを演出するのも確かにいいものです。しかし、テーマを決めていたほうがフォトブックとして、まとまりがあり見やすいです。それともうひとつ、写真を詰め込みすぎないで、ページ内にはスペースを作っておきましょう。ページ内に余白があると、見栄えも良くなります。フォトブックにコメントを入れておきたいなという方も多いかもしれませんが、このとき感情や情報など適切なコメントを入れておきましょう。適切なコメントを入れておくと、後から見たときにそのときの状況を思い出しやすくなります。